ENE*0

鹿行にちょうど良いZEH

IK-HOMEの鹿行スタイルZEH

さらに進化「ZEH」+「パッシブデザイン」 = ENE*0 です。

  • エネルギーの自給自足+光を季節でコントロール
  • 風の通り道をデザイン
  • 不快な湿気・砂埃にさよなら

アイケイホームは常々、この地域で家づくりに取り組むと同時に地元で暮らすものとして、鹿行の自然の恵みをもっと住まいに活かせないかということを考えてきました。

降りそそぐ太陽からは ぬくもりとエネルギーを、
水面を吹き抜ける風からは涼と清々しさを。

さらに、鹿行特有の湿度の高さや砂埃は
シャットアウトできる家をつくりたい。

そして、たどり着いたのが
「ZEH」 +「パッシブデザイン」 = ENE*0でした。

家全体に自然の光や風がめぐるように、
間取りや窓の取り付け位置を工夫し
夏は涼しく冬は暖かい、自然の力を最大限に活かす家。

つまり、「鹿行にちょうどいいZEH」それがENE*0です。

そもそもZEHって?

ZEH(ゼッチ)とはネット・ゼロ・エネルギー・ハウスの略。
創エネ×省エネ×断熱で、家のエネルギー収支をゼロ以下にする住まいのこと。
政府は「ZEHを標準的な新築住宅に」という目標を掲げています。
エネルギーの自給自足ができる快適な住まいZEHが、これからのスタンダードに。

ZEHで比べるならここをチェック。

鹿行で優先すべき指標は。Q値?Ua値?いいえ、C値です。

最近よく耳にする「C値・Q値・Ua値」。
家の性能を測る指標で、気密・断熱性能を示します。どれも値が低いほど高性能であると言えます。
Q値・Ua値だけの低さを前面に謳うメーカーが多いのですが、鹿行地域で大切なのは実は「C値」。
C値が高い住宅は、夏になると外のジメジメした空気と熱が室内に入って冷房の効果が外に逃げるため、湿度の高い鹿行には大敵です。また、砂埃や花粉も入りやすくなってしまいます。
ENE*0は選び抜いた材料と、高い職人の技術で徹底的に構造の質を向上させます。特に気密性能の高さ(=C値の低さ)は他社の追随を許しません。緻密な建築技術はIK-HOMEの自慢であり誇りです。
建物自体が最大の省エネ力を発揮できる。それがIK-HOMEのENE*0です。

そのZEH、盛り過ぎていませんか?

永く住む家=トータルでの費用も重要です。
安さにつられて高い光熱費を払い続けたり、鹿行地域には必要のない過剰な省エネ設計で初期費用が高過ぎてローンが大変…。なんて事にならないように、建設費から水道光熱費総額や修繕費まで考えた生涯費用を意識しましょう。
IK-HOMEではローン終了後まで見据えたトータルコストを比較し、細部までシュミレーションいたします。
家づくりに大切なのは、光熱費ゼロの達成だけでなく家族が快適で健康に笑顔で暮らし続けられること。IK-HOMEは「本当に良い家」づくりにこだわります。

IK-HOMEの取り組み

鹿行エリアで、ZEH普及率NO.1

当社は「ENE*0」を基軸にご提案をすすめ、「普及目標」としてZEH受託率目標(受託に対するZEH受託率、
NearlyZEH受託率含む)を以下のように定めます。

【ZEH普及率実績】
  • 2019年度ZEH普及実績 受託率55%
  • 2018年度ZEH普及実績 受託率50%
  • 2017年度ZEH普及実績 受託率34%
  • 2016年度ZEH普及実績 受託率34%
【ZEH普及率目標】
  • 2016年度…30%
  • 2017年度…50%
  • 2018年度…70%
  • 2019年度…90%
  • 2020年度…100%

省エネに繋がる高断熱は、快適・健康にも直結。

断熱性能が高い家は、電気使用量が格段に抑えられるのは周知の事実。
さらに健康リスクを考えると、温度差の少ない一年中快適な住まいが理想です。
そこでも大切なのが断熱性能。壁と窓の断熱性能が高い家なら、寒い冬でも家のすみずみまで暖かく、暑い夏はシェードなどで日差しを遮る工夫をすることで涼しさを保ちます。

壁・窓で断熱性を高めて健康リスクを低減

原因は家の温度差 リビング・廊下・脱衣所・浴室で起こるヒートショック

※LIXIL試算値 外気温0℃ 断熱仕様:H28省エネルギー基準6地域適合レベル

大切な家族を守る家だからこそ。

地震や台風にも強いSW工法と熟練職人の技術により、より安全で安心な住まいづくりを提案します。6 面体で強い外力もしっかり受け止めるモノコック構造や高い気密性能を持つので、巨大竜巻や台風・豪雨など、風や雨の自然災害にもその強さを発揮します。
また、IK-HOMEはZEH基準より、さらに上となる「HEAT20 G2グレード」にも対応できる性能を常に目指しています。

ENE*0 オーナー様の声

鹿嶋市 U様30代 大人2人/子供2人(H31完成)

Q.新居の電気代はいくらぐらいですか?
A.月8,000〜10,000円程度。
夏・冬でも3,000〜5,000円アップする位。
光熱費が驚くほど安くなってびっくり!
Q.何が決め手となってENE*0にしましたか?
A.夏も冬も外気温に左右されない室温がとても快適。
今までのアパート生活では家の中が外気温にすごく左右されていたので。

鹿嶋市 N様30代 大人2人/子供2人(H30完成)

Q.実際にお住まいになっていかがですか?
A.冬はとても暖かい。外に出て「寒かったんだ」とびっくりします。
外から帰宅しても家の中に入ると暖房無しでもすでに暖かいです。
Q.何が決め手となってENE*0にしましたか?
A.光熱費・気密性、この2つで一生物なのでこの先何十年も住み続けることを考えて選びました。
  • work
  • work